イントロダクション

ロバート・ゼメキス×スティーヴ・カレルによる新たな感動作

21世紀版『フォレスト・ガンプ ⼀期⼀会』の呼び声⾼い、
ロバート・ゼメキス×スティーヴ・カレルによる新たな感動作

ハリウッドきってのヒットメーカー、ロバート・ゼメキス監督の最新作は、知られざる実話をベースにした感動のヒューマンドラマ。イラストレーターだったマーク・ホーガンキャンプが、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害に遭って全てを失いながらも、独自の世界観でカメラマンとして活躍する姿を描いたジェフ・マルムバーグ監督のドキュメンタリー『マーウェンコル』(10)をフィクションとして映画化したものである。主演は、「バイス」や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、『ビューティフル・ボーイ』などのスティーヴ・カレル。ロバート・ゼメキス監督とスティーヴ・カレルのタッグが、心に深い傷を負った1人の男性が苦しみや葛藤を抱えながらも、希望を捨てずに再生していく姿をファンタジーたっぷりに描いた名作を誕生させた。

希望を捨てずに再生していく姿をファンタジーたっぷりに描いた名作を誕生させた。

ストーリー

地域の人々の理解と協力でマーウェンの写真は評価され、やがてマークの個展が開かれることになる。

マーウェンが、僕に歩みだす力をくれた

バーからの帰り道で5人の男に暴行されたマーク・ホーガンキャンプは、瀕死の重傷を負い、9日間の昏睡状態に陥る。脳に障害を抱え、襲撃の後遺症(PDSD)に苦しむ彼はまともな治療も受けられず、セラピー代わりにフィギュアの撮影を始める。自宅に作った空想の世界“マーウェン”ではG.Iジョーのホーギー大尉と5人のバービー人形が、迫り来るナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げていた。地域の人々の理解と協力でマーウェンの写真は評価され、やがてマークの個展が開かれることになる。“マーウェン”で戦う勇気を与えられたマークは、避けていた暴行事件の裁判で証言しようと決意するが・・・。

希望を捨てずに再生していく姿をファンタジーたっぷりに描いた名作を誕生させた。

ベースストーリー

ヘイトクライムの後遺症と戦う実在の写真家

ヘイトクライムの後遺症と戦う実在の写真家
マーク・ホーガンキャンプ

2000年4月8日38歳のマーク・ホーガンキャンプはニューヨーク州郊外のバーで出会った若者から頭に酷い暴行を受け、瀕死で放置されているところを発見された。9日後、意識を取り戻した時には事件はおろか、成人後の記憶がほぼなく、食べる、歩く、文字を書くなど基本的なことすらできなかった。早々に公的な補助が打ち切られてしまい、治療を受けられなくなったホーガンキャンプは、脳に障害を抱え酷い後遺症(PDSD)に苦しみながらも、自分や周囲の人たちを模した6/1フィギュアの写真を撮り始めた。地域の人々の力で彼の写真は雑誌に掲載され、ニューヨークのギャラリーで個展も開かれた。ジェフ・マルムバーグ監督により、この物語はドキュメンタリー映画『マーウェンコル』として2010年に公開され、ボストン批評家協会賞ほか、数々の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞し、27に及ぶ賞を受賞した。